サイトマップ-ヘルプ

ご利用の地域 : 東京

テレビ番組表のGガイド.テレビ王国

週間テレビ番組表

  • WED
  • THU
  • FRI
  • SAT
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
ようこそゲストさん
新規登録
 
詳細検索

Gガイド

「純情きらり」へのクチコミ(口コミ)

過去のドラマクチコミランキングを見る

  • 純情きらり
    2021/03/25 名作です

    やはり朝ドラは群像劇。そして輝くヒロイン。ヒロインが最後に死んでもいい。その人生が輝いていれば。「純情きらり」はそれを証明した。

  • 純情きらり
    2021/03/17 無念…

    せめて演奏会だけはやらせてあげたかった。

  • 純情きらり
    2021/02/21 りりしいです

    達彦さんの福士誠治くんが舞台でも活躍しているようでうれしい

  • 純情きらり
    2021/02/19 ほんとに

    主題歌聴くだけで涙があふれます。宮崎あおいさんの演技には今更ながら感心します。

  • 純情きらり
    2021/02/14 桜子ロスの日々です

    放送終了後も録画したものを毎日みています。何度みても感動して涙するのは演技はもちろんですが挿入音楽が素晴らしいことにあるように思います。メロディーとともにそのシーンがよみがえってくるのです。まだまだロスはおさまりそうにありません。偉大な作品に巡りあえて本当に幸せでした。

  • 純情きらり
    2021/02/07 試し読み

    原作のことを全く知らなかったので試し読みをしてみたら名前は全く同じなのですが、まず舞台が違いました。小説の舞台はなんと山梨県。そして桜子は4人姉弟ですが、小説ではさらに他の兄弟がいるようで…。一番の驚きは母・マサさんが生きていたということですね。

  • 純情きらり
    2021/02/04 桜子の最高傑作は「まだ見ぬ子へ」で。

    桜子が逝き非常に悲しく思いましたしかし最後の映像で西園寺先生と秋山さんが共に桜子の曲を弾いてくれていたり達彦も弾いていた姿を見て少し安心しました達彦が桜子の夢をついで桜子の曲を演奏している姿を想像すると感動的ですまた、ドラマはフィクションであり現実と混同してはいけないのですがもし時代に流され夢を諦めて逝った一人の女性がいるのであればその半生がドラマになったということはとても報われることだと思います

  • 純情きらり
    2021/02/04 私は桜子が好きです

    あらほんと、桜子、いろんなものになってるじゃないですか。
    よく「何も成し遂げなかった主人公」とか言われますが、「何でもやった主人公」と言った方が桜子らしいような気もします。

  • 純情きらり
    2021/02/03 作曲家でもあります

    女学生→受験生→浪人生→フリーター→女将見習い→若女将→姉助手→若女将→無職→代用教員→女将→病人 といろいろなものになった桜子が思い出されます。

  • 純情きらり
    2021/02/02 謎③

    桜子はなぜどこで結核にかかったのでしょうか。まわりの親しい人に結核の人がいなくてもなりうるものなのでしょうか。謎です。

  • 純情きらり
    2021/02/02 純きら、とと姉、そしてモネ

    次の朝ドラ「おかえりモネ」に西島秀俊さんが出演されます。西島さんは民放では刑事とかシリアスな役が多いですが、NHKでは優しい役が多いので楽しみです。

  • 純情きらり
    2021/01/31 謎②

    達彦があの窮地からどうやって生き延びたのか本編では詳しく説明されませんでしたが、どうして助かったのでしょうか?いくらでも想像ができますが、謎です。

  • 純情きらり
    2021/01/29 夫なのに影が薄い

    アリ、、、何かあったかな?思い出せません。ごめんなさい
    達彦さんを見て、次の再放送「花子とアン」の村岡印刷さんを思い出しました。朝ドラは初期の人気が高いので、初期にヒロインと仲良しの男性の方が人気が出るんですよね。

  • 純情きらり
    2021/01/28 SUNNYSIDEONTHESTREET

    1940年代後半当時の結核といえば今の願のような立ち位置でしょうかね。そう考えるとお話がよく理解できました。

  • 純情きらり
    2021/01/27 謎①

    杏子が見た夢では大きな(荷物を背負った?)アリ🐜が帰ってきてみんな大喜びとのことで、アリは達彦のことだと思いますが、アリということになにか意味があるのでしょうか?謎です。

  • 純情きらり
    2021/01/25 九刈大

    達彦は戦地から帰還して数年経ってから神が伸びましたが、実際は数日だったので帰還シーンは他の話と順序を逆にして撮った可能性がありますね。かつらには見えませんし。

  • 純情きらり
    2021/01/24 主役をやるべき女優

    この脚本家さんが宮崎あおいさんを絶賛していました。彼女でなければ桜子は演じられなかったと。私もそう思います。とにかく、かわいいお顔ながら芯が強い感じが本当にステキでした。「あさが来た」のハツもそういう感じだったと思います。「篤姫」もそうですね。小柄なのにとても力強い、説得力のある女優さんだと思います。

  • 純情きらり
    2021/01/24 原作があるんですよ

    脚本の浅野さんが小説を読んでぜひともドラマにしたいと思ったらしいですが、最後の展開も史実なのかもしれません。しかし、この原作から得た悲しい結末以上に私達が得たものは多く、素晴らしいものだったと思います。

  • 純情きらり
    2021/01/24 桜子の笑顔

    最終回は原作に合わせたのでしょうか?放送当時もこのラストがかなり話題になっていた記憶があります。私も見てショックでした。匂わせるようなシーンは確かにあったのですが、まさかまさか本当にそうなってしまうとは・・・私が見た朝ドラでもこんなに最終回で泣いたのはこれだけです。でもその分、最後の桜子の笑顔も忘れられない笑顔となりました。

  • 純情きらり
    2021/01/24 ハッピーエンドでなくて残念でした

    再放送でたまたまみてから夢中になりました。今まで見たドラマのなかで最も感動しました。ただ桜子が数々の不遇を乗り越えてようやく幸せを掴んだのにラストは本当に残念でした。人が亡くなることが多すぎる印象でした。そこまで悲しく作らなくてもいいのにと何回も思いました。視聴者を引き付け続けるには必要な展開かもしれませんが気持ちが入りすぎていただけに残念でとても悔しい思いです。

  • 純情きらり
    2021/01/23 耳がいいんでしょうね

    冬吾西島秀俊は津軽弁がうまくてこれと前後して放送された民放ドラマでも津軽弁を話す設定だったような。
    その時はフランス語も流暢にしゃべってて笑いました。

  • 純情きらり
    2021/01/23 🧑

    西島秀俊さんは冬吾のイメージが強すぎて、標準語を喋っているのをみると違和感を感じてしまいます。

  • 純情きらり
    2021/01/23 良い朝ドラでした

    この作品で好きになった役者さんがたくさんいます。その人たちを今でも大好きです。特に寺島しのぶさん。梨園に生まれても歌舞伎の舞台には立てず、同年代の松たか子さんのように可愛らしい容姿ではなく、戸田恵梨香さんと同じくガミースマイル。でも(戸田さんも)寺島さんもその演技力と個性で唯一無二の存在感ある俳優になりました。容姿も若さも無関係、内面的な輝きを放つ姿を応援し続けています。

  • 純情きらり
    2021/01/22 二度あることは三度ある

    本作には3つの大きな伏線(予知現象)がありました。1つ目はかねと桜子の見た達彦。2つ目は杏子の見た夢。3つ目は桜子の見た夢です。

  • 純情きらり
    2021/01/20 ドラマチックなBGM

    音楽は本当にすばらしかったです。今と違って画面がわりと質素というかゴテゴテしていない分、役者の演技と音楽の力で盛り上げていたように思います。BSで再放送中の「澪つくし」も音楽がいいですね。

  • 純情きらり
    2021/01/20 テーマ曲の話

    テーマ曲のロングヴァージョンが本編で流れることもありましたが、終盤に行くに連れて徐々に壮大になっていてとてもよかったです。

  • 純情きらり
    2021/01/19  

    桜子も杏子も亭主にはさん付けしていましたが、笛子は呼び捨てにしていました。笛子の強さの表れかもしれませんね。

  • 純情きらり
    2021/01/18 かわいかった

    やっぱり印象が桜子と冬吾になっちゃうんですよね😅
    達彦さんも好きだけど、やっぱり冬吾さんがよかったなあ。

  • 純情きらり
    2021/01/16 運命の二人

    冬吾と桜子は出会いも別れも運命的でした。
    ラストシーン、皆が泣いている中で、冬吾だけ静かな表情をしています。
    恋とか愛とかを越えて、桜子の最大の理解者は、実は冬吾だったという気がします。

  • 純情きらり
    2021/01/13 サニー・オンザ・サイド

    神社が焼けたということは?…もし、あのとき桜子が冬吾を助けに行っていなければ、冬吾は生きていなかったということですね。