映画「ジョーカー」のあらすじをネタバレ紹介!急展開のラストシーンの意味とは?

映画「ジョーカー」のあらすじをネタバレ紹介!急展開のラストシーンの意味とは?

映画「ジョーカー」は世界中で多くの観客を熱狂させ、2019年を代表する映画になりました。本作は謎が多く、一度観ただけではよく分からないことが多いのも事実です。観た人が考える余白が残されており、さまざまな考察が可能です。

この記事では、「ジョーカー」のネタバレあらすじとそこに込められた謎について考えます。この映画のことをもっと理解するための手がかりにしてください!

映画「ジョーカー」の基本情報

まず最初に、「ジョーカー」がどのような映画なのかを確認しておきましょう。

映画「ジョーカー」の概要

上映日 2019年10月4日
制作国 アメリカ
上映時間 122分
監督・脚本・制作 トッド・フィリップス
キャスト ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ 他
あらすじ 「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸にコメディアンを夢見る、孤独だが心優しいアーサー。

都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら母を助け、同じアパートに住むソフィーに秘かな好意を抱いている。

笑いのある人生は素晴らしいと信じ、ドン底から抜け出そうともがくアーサーはなぜ、狂気溢れる<悪のカリスマ>ジョーカーに変貌したのか?

切なくも衝撃の真実が明かされる!

監督のトッド・フィリップスはコメディ映画を中心に取り組んできた経歴の持ち主です。監督を務めた2009年公開のコメディ映画「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」は世界的なヒットを収めています。本作でも笑いは物語の根底にある重要な要素です。

主演のホアキン・フェニックスは、本作で善良な主人公アーサーが狂気をはらんでいくさまを見事に演じ絶賛されました。もともと個性派俳優として知られており、これまでにも数多くの映画賞を獲得しています。

バットマンシリーズの悪役・ジョーカーが主役

本作はバットマンシリーズの悪役・ジョーカーを主役に据えた映画ということで、特にファンからの期待を集めた作品です。

ジョーカーはピエロのような白塗りの顔に緑色の髪、紫のスーツといういで立ちを特徴としており、アメコミの悪役を代表する存在です。時代の変化や各作品の制作者の解釈により、ある時はサディスティックなサイコパス、またある時はケチな泥棒と、これまでさまざまな悪役像を見せてきました

中でも、2008年公開の映画「ダークナイト」でヒース・レジャーが演じたジョーカー像は革新的でした。「ダークナイト」に登場するジョーカーは、一見異常とも思える行動をとりバットマンを窮地に立たせました。金や力を得ることには興味がなく、ただ秩序を壊すことだけが目的だったのです。その結果、誰も予想のつかない行動に出て観る人に強烈な印象を植え付けました。

このような経緯があったため、本作「ジョーカー」でも、多くのファンが新たなジョーカー像に出会えることを楽しみにしていたのです。

映画「ジョーカー」は2019年を代表する映画

本作は公開されるや否や世界中で多くの観客を熱狂させ、R指定作品でありながら興行収入10億ドル突破という驚異的な数字を叩き出しました。これはR指定作品としては史上最高額にあたります。

また、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞といった名だたる映画賞も受賞しています。まさに2019年を代表するにふさわしい作品であると言えるでしょう。

ネタバレあり!映画「ジョーカー」のあらすじ

映画「ジョーカー」のあらすじを見てみましょう。ネタバレを含むため、まだ映画を観ていない人は注意してくださいね。

落ち込む日々

舞台は1970~80年代のアメリカ・ゴッサムシティ。コメディアンを夢見る主人公アーサーは派遣ピエロとして働きながら暮らしています。

アーサーは、認知症気味で体が不自由な母親との2人暮らしです。またアーサー自身も脳に障害があり、周囲の状況と無関係に突然笑いだしてしまう病気を患っています。

ある日、街中で楽器店の閉店セールの看板を持ち宣伝する仕事の最中、少年たちに看板を奪われ、あげくの果てに暴行されるという被害に遭いました。アーサーの身を案じた同僚は、護身用として銃を渡します

ふとしたきっかけから、同じアパートに住むシングルマザーのソフィーと親しくなります。しかし嬉しい気分は長く続きません。小児病棟を慰問する仕事の最中、銃を持ちこんだことがばれてピエロの仕事をクビになってしまいます。さらに、アーサーが治療のため通っていた市のカウンセリング施設も、予算削減により閉鎖されることが決まりました。

初めての犯罪

クビになった会社からの帰り道、アーサーは地下鉄の車内で女性が3人の男性に絡まれている場面に遭遇します。アーサーは発作で笑ってしまい、男性たちが気を取られている隙に女性は逃げ出しました。怒った男性たちはアーサーを暴行し、アーサーはとっさに彼らを銃で撃ち殺します。アーサーは人が変わったような高揚感を得、帰るや否やソフィーのもとを訪れキスします。

後日、アーサーはテレビで3人の殺害についての報道を目にします。ピエロ姿の犯人が目撃されており、現在捜索中とのことでした。また、被害者3人は市長候補のトーマス・ウェインが経営する会社の従業員でした。テレビではトーマスが犯人を激しく非難しています。しかし被害者が一流企業に勤務する富裕層であったことから、貧困層の中には富裕層を憎み犯人を支持する人が少なからず現れました

ある日、アーサーは自分が出演するコメディショーにソフィーを招待します。しかし、本番中に発作で笑い出してしまい、ショーは失敗に終わります。アーサーは落ち込みますが、ここで事態は急転します。なんと、人気コメディアンであるマレー・フランクリンのテレビ番組で彼のショーが取り上げられたのです。さらに、アーサー自身も次週の番組にゲスト出演することになりました。

出生の秘密

ある日、アーサーは母親からトーマスへの手紙を投函するよう頼まれます。母親は30年前に彼の屋敷で働いており、元雇用主に何度も援助を求めていたのです。アーサーは手紙を読み、母親とトーマスがかつて恋愛関係にあったこと、そしてトーマスが自分の父親だという事実を知ります。

アーサーはトーマスの屋敷を訪れますが、居合わせた使用人から、当時の母親は頭がおかしく、アーサーがトーマスの息子というのは母親の妄想に過ぎないことを告げられます。病院で当時のカルテを確認すると、確かに母親は妄想性の精神障害で入院しており、さらにアーサーは母親の養子であることが分かりました。また、当時の母親の恋人がアーサーを虐待し、脳を損傷させたという記載もありました。アーサーの病気はこの虐待が原因だったのです。しかも母親は虐待を容認していました。

過去に受けた仕打ちを知ったアーサーは、思い余って母親を窒息死させてしまいます。そしてソフィーの家を訪れますが、ソフィーは困惑してアーサーを追い出してしまいました。これまでのソフィーとの関係はアーサーの妄想であり、実際には親しくなどしていなかったのです。アーサーのことを気にかけてくれる人はもう誰もいないのでした。

エスカレートする行動

テレビ番組出演の日、アーサーは若かりし頃の母親の写真を見つめています。写真の裏面には「君の笑顔が好きだよ TW」というメッセージが書かれています。

母親を亡くしたアーサーを気遣い、派遣ピエロの会社の同僚2人が訪ねてきました。アーサーはそのうち過去に自分をバカにした1人を殺害し、もう1人は優しく接してくれたからという理由で逃がします。

アーサーは、男性3人の殺人事件についての事情聴取に訪れた警官たちから逃げつつテレビ局へと向かいます。ちょうどこの日、犯人を支持する貧困層の人々がデモを起こそうとしており、地下鉄はピエロのお面を被った人であふれかえっていました。番組出演のためピエロの化粧をしたアーサーが人ごみに紛れるにはぴったりの状況でした。

そしてジョーカーになる

テレビ番組の楽屋で、アーサーは司会のマレーに自分のことを本名ではなくジョーカーと紹介するよう頼みます。そして迎えた番組の生放送収録の場で、アーサーは自分が男性3人を殺害した犯人であることを明かし、口論の末マレーを射殺します。生放送は中断され、アーサーは警察につかまり、マレー射殺のニュースがまたたく間に広がっていきます。

同じころ、街中ではピエロの姿をした人々が暴れまわっています。トーマスは妻と息子ブルースとの3人で外出していましたが、ブルースの目の前で妻とともに殺されます。

アーサーを乗せたパトカーは街中を走行している最中、暴徒が運転する救急車によって追突されました。車内の警察官が死亡しアーサーも気を失っている中、暴徒はアーサーを助け出し車の上へ乗せます。アーサーはやがて復活し、暴徒たちのヒーローであるかのように君臨します

病院でのラストシーン

画面は一転し、病院の面談室でアーサーらしき男性が女性スタッフと面談をしています。彼が笑うと、女性は何がそんなに面白いのかと問いかけます。彼はトーマス・ウェインが妻とともに殺害される姿を思い浮かべ、「いいジョークを思いついた。君には理解できないだろうけど」答えます。そして彼は面談室を出て、真っ赤な足跡を残しながら去っていきます。

トーマス・ウェインと母親との関係

物語の謎の1つが、トーマス・ウェインとアーサーの母親との関係です。作中では頭のおかしな母親の妄想に過ぎないとされていましたが、本当にそれだけなのでしょうか?

トーマス・ウェインと恋仲だったのは母親の妄想?

母親からトーマスに宛てた手紙の中で、アーサーは”あなた(トーマス)の息子”と書かれていました。このことから、母親とトーマスがかつて恋愛関係にあったことが推測できます。

しかし、屋敷の執事やトーマス本人はそれを母親の妄想に過ぎないとして否定しています。母親が当時妄想性の精神疾患を患っていたことからも、自分がトーマスと恋仲だと思い込む可能性は十分にあり得ます。彼らの言っていることは正しいと考えるのが妥当でしょう。

写真の裏のメッセージが意味するもの

しかし、単なる母親の妄想として片づけきれない点があるのも事実です。アーサーが見つめていた若いころの母親の写真の裏には「君の笑顔が好きだよ TW」というメッセージが書かれていました。

TWが誰なのかは物語の中で明らかにされません。もちろん、アーサーを虐待した当時の母親の恋人だという可能性もあります。しかし、トーマス・ウェインのイニシャルと一致することは明らかです。

もしこのメッセージを書いたのがトーマス本人であるなら、雇用主が単なる屋敷の使用人に贈る言葉としてはいささか親密過ぎるでしょう。母親と恋仲であったという話はあながち嘘ではないのかもしれません

母親の話が本当だった可能性も

アーサーは病院で昔の母親のカルテを確認しました。そこには母親とアーサーとの養子縁組書類があり、アーサーが養子であることがはっきりと示されていました。

しかし、これがトーマスによる偽造書類だという可能性もあります。トーマスは富豪であり、将来市長候補になるほどの力を持っている人物です。書類を偽造できてもおかしくはありません。

仮にトーマスが本当に母親と恋仲でアーサーの父親であったとします。トーマスの立場であれば、おそらく結婚相手は家柄などを重視して選ぶ必要があるでしょう。使用人に過ぎない母親との関係はスキャンダルとも言えるものです。関係を隠ぺいするため、母親の精神障害をでっちあげてアーサーとの親子関係を否定することは十分に考えられます

本作では「誰も他人のことを気にかけない」というメッセージがあちこちに登場します。トーマスのことを過去の恋人と息子を見放した人物として描くことで、このメッセージをさらに補強する狙いがあったのではないかと考察できます。

なぜマレー・フランクリンを殺したのか

映画のクライマックスと言えるのが、アーサーが生放送の場でマレー・フランクリンを射殺する衝撃的なシーンです。なぜ彼はこのような行動に出たのでしょうか。

マレー・フランクリンはアーサーにとって憧れの存在

アーサーにとって、マレーは尊敬するコメディアンであり憧れの存在でした。物語の序盤で、アーサーがマレーの番組に出演しハグし合う情景がアーサーの妄想として描かれています。彼の番組に出演するのはアーサーの夢だったのです。

本当は生放送の場で自殺しようとしていた

マレーの番組への出演オファーを受けたアーサーは当日のイメージトレーニングを行います。それは、マレーにジョークを求められたアーサーが「ノック、ノック」と言って銃を取り出し、自分の頭を撃つというものでした。つまり、アーサーは生放送の場で自殺するつもりだったのです。

マレーのネタ帳に書かれているジョークの1つに「この人生よりも高価(硬貨)な死を望む」というものがありました。アーサーは、自分の死をもって周囲から注目されたい、認められたいという願望を抱いていたのです。テレビ番組の生放送という場はそれを実現するためにぴったりだと考えたのでしょう。

土壇場で気が変わった理由

しかし、本番の場でアーサーはイメージトレーニングとまったく異なる行動に出ます。自分が地下鉄で男性3人を殺害した犯人であることを明かしたのです。「誰も他人のことを気にかけない」という発言からは、アーサー自身が誰からも気にかけられない孤独な人間だという悲痛さが伝わってきます。

さらに、アーサーはマレーをも最低だと言い放ちます。この番組に呼んだのはアーサーを笑いものにするためだと指摘したのです。事実、アーサーのショーの映像が大きな反響を得たのは、アーサーが失敗したみじめな姿が滑稽であり嘲笑の対象となったからなのでした。アーサーは尊敬するマレーまでもが自分を笑いものにしたことを裏切られたと感じ、マレーを射殺します。

おそらくアーサーの中では、自殺することで注目されたいという気持ちよりも、自分を裏切ったマレーのことが憎いという気持ちの方が大きなウェイトを占めたのでしょう。誰からも見向きされない孤独がアーサーを苦しめるもっとも大きな要因となっていることが伺えます。

ラストシーンは何を意味している?

ラストシーンは、その前の暴動のシーンからはうって変わって静かな病院内の光景です。このシーンには多くの謎が秘められています。

髪の色が緑から黒に戻っている

テレビ番組に出演するため、アーサーは黒かった髪を緑色に染めました。しかし、このシーンでは再び黒髪へと戻っています

暴動の後すぐにアーサーが逮捕されて病院に入れられたのだとしたら、そのような短期間で髪色が元に戻るとは考えにくいです。警察や病院側としても、わざわざ髪を染め直させる理由はないでしょう。このことから、病院のシーンは暴動の直後ではない、あるいは男性はアーサーとは別人である可能性が考えられます。

トーマス・ウェインを殺したのはアーサーではない

このシーンで、アーサーらしき男性がトーマス・ウェインの殺害シーンを思い浮かべている描写があります。暴動の日にトーマスが殺害された時と同じ場所で同じ殺され方をしていることから、男性はトーマスを殺害した犯人もしくはそこに居合わせた人物と考えられます。

しかし、アーサーはトーマス殺害の現場にはいませんでした。その時間、マレーを殺害したアーサーは警察につかまっている所だったためです。とすると、この男性はアーサーにそっくりですがアーサー本人ではないと考えられます。やや飛躍しますが、暴徒の1人がアーサーに憧れた結果、アーサーそっくりになってしまったという可能性もあり得ます。

ラストシーンは唯一の彼の心からの笑い

監督のトッド・フィリップスは、インタビューでこのシーンの笑いを「この映画の中で唯一の彼の“心からの笑い”」と表現しています。アーサーが嬉しくて笑う場面は、ソフィーと仲良くなった時など作中で他にもありました。しかし、このラストシーンはそれまでの笑いとは明確に異なるのです。何が異なるのかははっきりと示されておらず、観た人の解釈にゆだねられています。

この映画のほとんどすべてがジョークだった?

1つの解釈として考えられるのは、ラストシーンだけが現実であり、それ以外のすべてが彼の妄想であったというものです。彼が思いついた「面白いジョーク」というのが、これまでの映画の内容すべてを指していたとしたらどうでしょうか。だとすれば、妄想の中での笑いと現実での笑いに明確な違いがあるのにもうなずけます。

物語全部がジョークというのが行き過ぎであったとしても、どこまでが事実なのかは分かりません。実際に、ソフィーと親密になった描写はすべてアーサーの妄想であったことが明らかにされています。これと同じようなアーサーによる妄想のシーンがなかったとは言い切れないのです。

この作品はジョーカーが主役ということから、ジョーカーについての新事実が明らかになることを期待して鑑賞した人も少なくないでしょう。しかし結局、私たちはジョーカーのことを何も分からないままです。

ジョーカーの謎

映画「ジョーカー」はバットマンシリーズの1作と考えるとおかしな点があります。それぞれ見てみましょう。

バットマン=ブルース・ウェインとの年齢差

トーマス・ウェインの息子、ブルース・ウェインは後にバットマンとなる人物です。本作に登場するブルースはまだ幼く、10歳の子役であるダンテ・ペレイラ=オルソンが演じています。これに対して、主人公のアーサーを演じたホアキン・フェニックスは45歳です。登場人物と役者が同じ年齢であると仮定すると、ブルースがバットマンになる10~20年後にはアーサーは55~65歳となります。アーサーが他のバットマンシリーズに登場するジョーカーだと考えるには年をとりすぎていると言えるでしょう。

他のバットマンシリーズではバットマンとジョーカーは同年代として描かれていました。このことからも、本作のアーサーがバットマンシリーズのジョーカーと同一人物であるとは考えにくいのです。

考えられるとすれば、本作で貧困層のヒーローとしてもてはやされたジョーカーの姿を見ていた他の人物が将来新たなジョーカーとなる展開です。もしくは、アーサーとはまったく無関係にジョーカーになろうと考えた人物がいる可能性もあります。

他のバットマンシリーズとの関係

「ダークナイト」シリーズに代表される他のバットマン作品は現代が舞台となっています。これに対し、「ジョーカー」の舞台は1970~80年代とやや時代をさかのぼっています。

これについて、監督のトッド・フィリップスはインタビューで「主な理由はDCユニバースから切り離すため」だと述べています。他作品に登場したジョーカーと本作のジョーカーが共存するのを避けるため、意図的に他作品よりも前の時代に舞台を設定したのです。

つまり、本作に登場するジョーカーは他作品のジョーカーとはまったくの別物であり、独立した存在です。幼いブルース・ウェインの目の前で両親が殺されるなど、往年のファンへのサービスとも言えるシーンが取り入れられているとは言え、他のバットマンシリーズとは関係がない映画だと考えた方が良さそうです。

映画「ジョーカー」を観る方法

映画「ジョーカー」はすでに劇場での公開を終了しています。しかし、動画配信サービスを利用すれば自宅で手軽に視聴できます。ここでは「ジョーカー」を観られる動画配信サービスを紹介します。

動画配信サービス お試し期間 視聴方法
Amazonプライムビデオ 30日間無料 レンタル・購入
dTV 31日間無料 レンタル
U-NEXT 31日間無料 レンタル・定額見放題
music.jp なし レンタル
NetFlix 30日間80円 定額見放題
TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS 30日間無料 レンタル・購入
クランクイン!ビデオ 14日間無料 レンタル
ビデオマーケット 会員登録月の月末まで無料 レンタル

Amazonプライムビデオ

レンタル料金 399円
有料会員プラン・会費 プライム会員 月額500円または年額4,900円
有料会員特典
  • プライム対象作品がレンタル料金無料で見放題
  • Amazonお急ぎ便・お届け日時指定便が無料
  • Kindle本の対象タイトルが月1冊無料
無料トライアル期間 30日

AmazonプライムビデオはAmazonによる動画配信サービスです。映画やドラマ、オリジナル番組等のさまざまな動画を視聴することができます。

Amazonプライムビデオでは、プライム会員であれば無料視聴できる作品を数多く配信しています。残念ながら「ジョーカー」は対象作品には含まれていませんが、多くの映画やドラマを料金を気にせず楽しみたい人にはおすすめです。また、動画だけでなくAmazonでの買い物が便利になる特典がついてくるのが特徴です。Amazonを利用する機会があるなら、会員になっておいて損はないでしょう。

dTV

レンタル料金 500円
有料会員プラン・会費 月額500円
有料会員特典 対象作品12万以上が見放題
無料トライアル期間 31日

dTVはNTTドコモによる動画視聴サービスです。もちろんドコモユーザー以外も利用可能です。

会員になると12万本以上の作品が見放題となるほか、それ以外にも有料レンタル可能な作品を数多く取り揃えています。「ジョーカー」は有料レンタル対象作品に含まれます。有料会員にならずに個別作品のレンタルだけをすることもできます。

U-NEXT

レンタル料金 550円
有料会員プラン・会費 月額1,990円
有料会員特典
  • 毎月1,200円相当のポイント付与
  • 19万本以上の作品が見放題
  • 2万本以上の作品をレンタル可能
  • U-NEXTオリジナル書籍読み放題
  • 80誌以上の雑誌読み放題
無料トライアル期間 31日

U-NEXTは見放題作品数No.1をうたっており、19万本以上の豊富な作品を楽しめることが特徴です。見放題の作品以外にも、公開から間もない新作映画やテレビ放送中のドラマ・アニメ等2万本以上の作品を個別課金で視聴することができます。

U-NEXTでは「ジョーカー」は見放題作品に含まれています。そのため、無料トライアル期間内であれば無料で視聴が可能です。

作品数NO.1 U-NEXTはこちら

music.jp

レンタル料金 299円
有料会員プラン・会費
  • プレミアムコース 月額550円、1,100円
  • テレビコース 月額1,958円
有料会員特典
  • ポイントを利用して総勢800万点以上の音楽・動画・漫画・本を視聴可能
  • 毎月ポイント付与(プレミアムコース550円:1,150ポイント、プレミアムコース1,100円:1,600ポイント、テレビコース:2,458ポイント)
  • 専門チャンネル見放題(テレビコースのみ)
無料トライアル期間 なし

music.jpではポイントを利用して各種作品をレンタルすることができます。映画やドラマ、アニメのほか、音楽や漫画、書籍まで幅広く取り扱っていることが特徴です。有料会員になると毎月ポイントが付与され、お得にレンタルできます。

また、テレビコースではスポーツやアニメ、子供向け番組の専門チャンネルが見放題となっています。これらのジャンルをよく見る人には特におすすめです。

NetFlix

レンタル料金 なし(会員のみ視聴可能)
有料会員プラン・会費
  • ベーシック 月額880円
  • スタンダード 月額1,320円
  • プレミアム 月額1,980円
有料会員特典
  • 配信作品が見放題
  • ベーシックは標準画質(HD)、スタンダードは高画質(SD)、プレミアムは超高画質(4K)で視聴可能
  • ベーシックは1台、スタンダードは2台、プレミアムは4台の機器で同時視聴可能
無料トライアル期間 なし(最初の30日間は80円で利用可能)

NetFlixは130カ国以上で利用されている世界最大級の動画配信サービスです。個別課金によるレンタルを行っておらず、配信されている全作品を月額会費のみで楽しめるのが特徴です。

さらに、NetFlixでしか見られないオリジナル作品も充実しています。NetFlixはオリジナル作品に特に力を入れており、かなりの額の制作費用を投入してクオリティの高い作品をいくつも作っています。見ごたえのある作品を楽しみたい人には特におすすめです。

TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCAS

レンタル料金 500円(動画配信)、220円(DVD・ブルーレイレンタル)
有料会員プラン・会費
  • 動画見放題プラン 月額933円
  • 定額レンタル8プラン 月額1,865円
  • 動画見放題+定額レンタル8プラン 月額2,417円
有料会員特典
  • 新作・準新作を除く約10,000タイトルが見放題(動画見放題プラン)
  • 動画配信レンタル作品45,000以上(動画見放題プラン)
  • 毎月1,100ポイント付与(動画見放題プラン)
  • CD・DVD・ブルーレイ作品49万本以上を宅配レンタル可能(定額レンタル8プラン)
  • 新作を含むすべての商品を月8本まで無料レンタル(定額レンタル8プラン)
  • 旧作は無料で借り放題(定額レンタル8プラン)
無料トライアル期間 30日間(動画見放題プランのみ)

TSUTAYA TV / TSUTAYA DISCASはオンライン動画配信だけでなくCD・DVD・ブルーレイの宅配レンタルが充実していることが特徴です。旧作は何本でも借り放題なので、昔の作品をたっぷり楽しみたい人におすすめです。

動画見放題プランでは、毎月付与されるポイントを利用して新作や話題作を視聴することができます。今すぐ動画を楽しみたい人や、スマホでいつでもどこでも視聴したいという人にはこちらがおすすめです。

クランクイン!ビデオ

レンタル料金 550ポイント(550円相当)
有料会員プラン・会費 月額990円、1,650円
有料会員特典
  • 10,000本以上の作品をレンタル可能
  • 毎月ポイント付与(990円コース:2,000ポイント、1,650円コース:3,000ポイント)
  • ポイントは姉妹サービス「クランクイン!コミック」でも利用可能
無料トライアル期間 14日

クランクイン!ビデオはボーナス付与率業界No.1をうたっており、会員になるとポイントを利用して約半額で動画作品を視聴できます。ポイントは新作の映画やドラマのレンタルにも使用できるため、新作をお得に楽しみたい人におすすめです。

また、姉妹サービス「クランクイン!コミック」では15万冊以上のコミック作品を配信しています。こちらでもクランクイン!ビデオで付与されるポイントを利用できるため、動画だけでなく漫画も楽しめます。

ビデオマーケット

レンタル料金 299ポイント(会員のみレンタル可能)
有料会員プラン・会費
  • プレミアムコース 500円
  • プレミアム&見放題コース 980円(税抜)
有料会員特典
  • 40,000本以上の作品が見放題(プレミアム&見放題コース)
  • 20万本以上の作品をレンタル可能
  • 毎月550ポイント付与
無料トライアル期間 会員登録し た月の月末まで

ビデオマーケットは20万本以上という国内最大級の作品数を配信しているサービスです。たくさんの作品を観たい人におすすめです。動画配信サービスの多くは有料会員でなくても個別課金によるレンタルが可能ですが、ビデオマーケットは有料会員にならないとレンタルができないため注意が必要です。

無料トライアル期間は会員登録した月の月末までとなっています。長く無料で楽しむためには月初に登録すると良いでしょう。

まとめ

映画「ジョーカー」において、ジョーカーは悪の象徴であると同時に社会の犠牲者として描かれていました。もしアーサーの病気がなかったら、トーマスがアーサーを我が子として愛してくれたら、母親が虐待からアーサーを守ってくれていたら、そしてマレーがアーサーに敬意をもって接してくれていたら、おそらくアーサーはジョーカーにはならなかったでしょう。

映画「ジョーカー」はフィクションですが、現実の世界でも同じようなことが起こりつつあります。これをきっかけに、他者とのかかわり方を改めて考えたいと思わせてくれる作品です。