サイトマップ-ヘルプ

ご利用の地域 : 東京

テレビ番組表のGガイド.テレビ王国

週間テレビ番組表

  • FRI
  • SAT
  • SUN
  • MON
  • TUE
  • WED
  • THU
  • FRI
ようこそゲストさん
新規登録
 
詳細検索

Gガイド

「連続テレビ小説「おちょやん」」のクチコミ(口コミ)

過去のドラマクチコミランキングを見る

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/05 JPG&R☆残七頁~尺足らず大いに憂う

    ~ラス前22章で同情票を集約する「千代」の復活を魅せる~一方で、女好きの「一平」が若手女優「灯子」を誘惑した挙句、安全日だと「灯子」が云ったか如何か解らんが、~三代目を彷彿させる男子の誕生~で希望に満ち、脚本の筆が大いなる進捗状況下だと、益々、一平は無論、灯子にもバッシングが増幅ゆえ、「寛治」から「一平」に超大喝を入れさせる流れで少しでも和らげる狙いか。あと7頁で終焉を迎える訳だが、尺不足を実感

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/05 若手に差が出てしまうなぁ

    集中批判される灯子。高校生役も似合いそうな小西はるさんと同年代の若手が、モネに大量投入されてるのを直後に目の当たりにしたら。なんというか出演ドラマや受けた役で、凄く差が出てしまう感じがする。あの若さでドロドロ不倫で泥棒猫呼ばわりされる役を、渾身で演じる彼女。今後小西はるさんが等身大の素敵な役に巡り合い、活き活きと演じる姿を是非魅せて欲しいと願うばかり。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/05 丸刈太

    振起危ぶむ劇団一同から一平をドヤす寛治…丸裸になれッ!千代が何もかも失って「たった一つのチャンス」を活かしてからの飛躍が象徴してますね。長澤・生瀬さんのアツい想いから、道頓堀の人達に千代の事を聴き回ったシーンを連想してジィ〜〜ンと沁みましたわ♡静子の家出…面倒見の良い千代母ちゃんの采配っぶりを期待してます!

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/05 ドラマの魅力

    朝ドラらしさってどういうものを言うのか分からないが、おちょやんの魅力は表面的なストーリーのその奥に、さらに何かがあるという所。端的にいうと物語に深みがある所だ。さらりと流し見するだけでは分かりにくいだろうが、分かってくるとやみつきになる。汚いとか下品とかいう外側にとらわれていたら見つけにくい魅力だろう。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/05 JPG&R☆実母との心は離れたまま?一平

    ~長い年月が経過したが、幼き日の鬼の如くの継母「栗子」の仕打ちを赦した訳では無いが、義妹の愛娘「春子」を託して暮れた「栗子」に謝意の念が生じて居る「千代」に追い風が吹き~女優復活を懸けたBK発人情派ラジオドラマは、大勢の家族に囲まれ、公私ともに充実した「千代」。一方、新作喜劇脚本の筆が進まぬと共に、不倫の果ての赤子に寄り添う「灯子」を包む空気が「一平」同様にどんよりと澱んで重苦しく沈んで居る実感

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/05 少数派かもしれないけど。

    灯子はもう見たくないという声が多いのでしょうが、灯子を悪役にして済ませないで欲しいと思う視聴者もいるのよ。チラッと出てくる灯子は不幸そうで、それでざま見ろとは思えない。カタキンとかしてる割に、それぞれの人物をしっかり描けてきてなかったから難しいだろうけど、物語としてきっちり始末つけていただきたい。小西はるさんの今後のためにも。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/05 視聴離れはテルヲから始まっていた

    一平より灯子の方が嫌われてますね。彼女は地味で、魔性タイプじゃないですよね。身寄りのない若い座員が座長に迫られたら、千代に申し訳ないと感じつつも断れなかったんでしょう。一平に好意を持ってたなら尚更。そりゃ妊娠したら子を守るため、必死にもなるでしょう。今作はテルヲや片金などなど、バッシングキャラを量産し過ぎましたね。おかげで朝からうるさい喚きキャラだった千代が、まれほどは嫌われずに済んだのかも。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/05 JPG&R☆脚本家さんの我を押し通す毎朝

    ~≪おちょやん≫の脚本家さんは、キャスティングに関わって居たと想うのだけれど~登場人物が非常に多いNHK朝ドラ、脚本家さんは個々の特性を熟知して遍く多岐にわたって人物展開を創意工夫して23章115頁に及ぶ一冊のハードカバーに構築仕上げる訳だが、≪八津弘幸氏≫のバランス感覚があさ八時に列島津々浦々に居住するメインターゲットの中高年ご婦人方々への寄り添い方に誤認が深過ぎて軌道修正叶わぬままの最終章~

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/05 boxster981

    「素直な感想、また灯子を出すことで気分が悪くなる。脚本が悪いと思う。」真っ当な意見であるが脚本家はそこを計算して灯子と幼子を登場させている。ネガな感情を視聴者に起こさせて後でひっくり返すというのが今まで何度も観察された八津脚本の特徴といえる。それを構成力と評価する批評家も居るが主な朝ドラファンの感情を逆なでしているように理解出来る。自明なのは全ての責任が脚本家とそれを許した制作側にあるということ。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 花子と英治はもっと不愉快

    灯子の結婚生活は不幸に見える。一平も当初は金を工面して渡し、千代と別れる気はなかった。身重の身体で姿を消そうとした灯子を不憫に思い、ようやく得た子が家庭を知らずに育つ不幸を己と重ねて、一平なりの苦渋の決断だった。

    だが決断はその人自身のもので他人がとやかく言えるものではない。失敗は誰にでもある。いったい誰が他人を糾弾する資格があるというのだろう。不幸なまま人生を終わって欲しくない。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 後半のスピンオフ連発が惜しかった

    千代が、というか杉咲花さんが浪花千栄子のモノマネをする必要はなかったと思うんだけどなあ。
    「エール」の裕一は古関裕而そっくりではなかったし、「まんぷく」の萬平さんは安藤百福ではなかった。
    千代、という人物の芝居が見たかったので、その過程がほとんど描かれなかったのは本当にもったいなかったと思う。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 朝ドラから

    確かに朝ドラから嫌われることはよくあるよ。
    まれなんかその代表だから。

    土屋太鳳朝ドラ以降の方が酷かったから。
    小西はるさんはこれからの立ち居振る舞いで好感度も何とかなるよ。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 浪花千栄子さんの・・・

    「お父さんはお人好し」をyoutubeで視聴しました。
    落ち着いたやさしそうな声で、聴いている人が安心する感じでした。
    千代のしゃべり方とは随分印象が違いました。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 素直な感想

    灯子を責める???

    責めるというより、朝から灯子の顔を見たくないという視聴者の素直な感想である。
    せっかく花籠という素晴らしい展開になり義理母の栗子さんの素晴らしい演技を見て胸糞悪い横取り女の印象が消えたのに、また灯子を出すことで気分が悪くなる。脚本が悪いと思う。演者には罪はないが、今は小西はるさんは灯子なので最終回まで出てほしくないのが本音です。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 モブだらけ

    近所の人たち、だれ?

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 boxster981

    灯子さんを責め過ぎるのは如何なものか?確かにしたたかな女に描かれたが演者に罪はなく意図通りなら脚本に責がある。テルヲの場合も気分を害されたとの感想が多数見られたがそれなら朝ドラの視聴者の空気を読み違えた脚本家に反省してもらった方が良い。いろんなギミックが仕掛けられてそれをスパイスとする手法は「あまちゃん」も同じだったが、宮藤さんにはキャストを見据えた溢れる愛情があった。八津脚本は演者に薄情に映る。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 boxster981

    先週のスタートは昭和26年だった。今日は史実とドラマの時間等のズレについて確認する。千代のモデル浪花さんは昭和27年にアチャコ主演のラジオ番組の母親役として出演しておりそれが復帰第一作だった。これは関西圏のみだったが好評により本格的な関西弁の全国ドラマが企画され昭和29年に始まった。それがお父さんはお人好しで時間が2年程ずれている。さて四ノ宮編成職員のボヤキは箕輪役の天海さん説得の苦労が偲ばれる。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 愛君の妻の

    生演奏、生効果音の生放送。新鮮な面白さ!ま、三谷幸喜映画、ラヂオの時間とか、昔の作品の作り方を扱った物は多々有るが、敢えて、こういうのばっかりで、番組を作れば良いのにって思うくらい、楽しい映像!さて、沈んだ時期が有ってこその、千代の感動の復活劇!岡安、新喜劇でも、歓喜!後は、恨んでも恨んでも、恨みきれないとは思うけど、一平一家とも、なんとか良い関係に持っていって欲しい。憎み続るのは、不幸…

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 JPG&R☆千代:一平対比~悪趣味脚本家

    ~対比させたい悪趣味の脚本家さん~絶頂円熟期に入る「千代」に比して、天賦の才有した先代天海の足元にも及ばぬ弐代目「一平」~脚本一本、納得尽く行かぬは、最早、才覚に大いに欠如。無論、漫才界の超大物「当郎」と前妻「千代」がメインの日本放送協会が総力挙げて制作、列島津々浦々に隈なく流れる週一人情派ラジオドラマが聴取率断トツの王道を行くんに触発されて「一平」も要約、喜劇に覚醒する前妻の功と相成るのか!!

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 JPG&R☆役者冥利に尽きる「千代」

    ~肉親に縁薄かった≪竹井千代≫~、駄目押しは、夫で座長の「一平」が天涯孤独の歌劇団出身若手女優「灯子」との間に子供を設けた挙句に離縁通告だが、~捨てる神あれば拾う神あり~、継母「栗子」との再会、今は亡き義妹の愛娘で「千代」の姪っ子≪水野春子ちゃん≫の存在に遭遇。子宝は授からなかったが、女優復帰が1ダースの子ら孫らに囲まれての夫「当郎」含めて総勢15人の大所帯は役者冥利に尽きる絶頂期の「千代」~

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 ラジオドラマ

    共演者のみなさんもええ味出してはる。浪花さんはもっともっと早口やったし、実際はやりとりのテンポもずっと速かったけど、今テレビで再現するのは難しいんやろな。
    ほんでも街の人は、聴いたで~あんたスゴイやんか~なぁ?いつも聴いてんで~こないだのアレもうちょっとアレとちゃう?とかタメ口言うてバンバン叩いてくる触ってくる馴れ馴れしさが、関西人。うどん屋の客も座ってへんで。寄ってきよるで。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 灯子は私も見たくない

    私は今作で一番悪かったのは脚本だと思う。毎朝見てきて心躍ることがほとんどなかった。よかったと感動することもほとんどなかった。独善的で、汚くて、排他的で、人の暗部を描き、そこのみを描くことに夢中でそこからの立ち上がりや成長過程を描くことはなく、理解できない者に理解してもらおうという姿勢もなかった。細やかな配慮に欠けた、冷たい脚本だったと思う。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 うちの大切な家族だす

    何十年もの年月を経て栗子が本当の母親になったようで涙が出る。初回後に帰宅しご近所さんに囲まれる千代の脇で映像焦点から外れても宮澤エマさんの穏やかな微笑みと慈しみの表情が伝わってくる。春子が本当にテルヲと血の繋がった孫かは私は疑問視してるが、本作は血の繋がりを超えた「家族とは」を最終週のテーマにしているのだろう。来し方を振り返って感慨深い後味を噛みしめている。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 ラジオドラマ

    ラジオドラマのお母さん役が板についた千代ちゃん。
    ラジオドラマの面白い所も今日は見れた楽しい回だった。

    ただ、最後に一平と灯子が出てきたのが不愉快である。一平は仕事上で仕方ないだろうから。せめて横取り女の灯子だけは写さないでほしい。視聴者からお願いします。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 丸刈太

    ホンマ、ウレしゅーてウレしゅーて!香里と宗助と一緒に泣いてしまいましたガナww栗子と春子の家、岡福の店内、新喜劇の稽古場から大家族のお母ちゃんになった千代の声が響き、暖かぁ〜い気分になれました♡ドラマもヨカッたけど、収録前のガッチガチに緊張しまくったスタッフ&キャストの様子がイッちゃんオモロかったわww

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 今日は期待していたのに・・・

    昨日の放送を視て期待を抱いて視ました。
    が、裏切られた気持ちです。千代の演技が今までどおりの落ち着きがない早口で、落ち着いた母親のイメージとはかけ離れていてガッカリ。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 「赦し」と「救い」について

    【『おちょやん』の根底にある人間の哀しみ 脚本・八津弘幸の構成力の妙を紐解く】記者は藤原奈緒さん、リアルサウンドより

    素人の私には書けない、冷静な分析と構成の文章は読み応え十分。佐野華英さんの記事も涙もの。複数人の記者が代わる代わる記事を上げてくれて「おちょやん」の録画を見直すとより深みが増す。寄せられる一般人の投稿も感情的な一口コメントはない。愛情溢れる場所。

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/04 いっぺん離れてしもたお客さんは

    戻ってきてくれはらへん。一平のセリフよ…。大阪制作の朝ドラは全国より関西の視聴率が高めの傾向やったけど、今作はあまり関西人が話題にもしてない。関西人が納得できない部分が多いということ。上方喜劇以前に、関西人の日常が無いねん。毎日わちゃわちゃしてごめんやっしゃ言うてほんでナンボでわてホンマによ言わんわ、が無いねん。関西の人が作って無いんかな? 

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/03 JPG&R☆※ピュア関西弁が飛び交い待望

    ~浪花千栄子さんのテレビ小説~と云う寄り、杉咲花さんが演じた竹井千代の連ドラだったが実感。浪速さんと竹井さんがオーバーラップすると云う点と線や面も、如何せん、浪速さんの為人を全く未知なので、無名の竹井千代さんの波乱万丈人生としか捉える事しか出来なかったので、史実との比較なども気に為らず、往時から、東京中心の発信文化で、大阪発の少ない枠でも、余所行きの関西弁の所、≪お父さんはお人好し≫では※

  • 連続テレビ小説「おちょやん」
    2021/05/03 朝の爽やかさ爽やかさ

    一平と灯子が出てくると、やっと幸福の道を進みだした千代ちゃんのまた曇り空が出てくるような感じがする。

    特に灯子は視聴者からも大ブーイングがあったのだから、最終回まで顔は見せてほしくない所が本音。

    小西はるさんもこの役相当な覚悟があっただろう。

    しばらくは好感度良い役ばかり貰わないと大変なことになると思う。

ドラマクチコミランキング

2021/10/22

もっと見る

アニメクチコミランキング

2021/10/21

もっと見る